転職の年収ダウンを防ぐには

年収ダウンするのに転職する理由とは?

近頃は働き方も様々で、一つの会社で一生やっていこうと考えている人は年々減っています。
自分のスキルや今まで培ってきた実力を試してみたいと同じ業界に転職をする人、今働いている会社や仕事よりも他に興味のあることややりたいことが見つかり他の業界に転職をする人など考え方は様々です。

また、会社側も中途採用やヘッドハンティングを積極的に行っている企業が多いため、転職をすることがそれほどマイナスにならない社会にもなってきています。
しかし、仕事を探すうえで考えてしまうことの一つが採用条件です。
今までに経験のある業界であれば給与面も保証されることが多く年収も下がらない場合が多いですが、
未経験の他業種への場合はほ年収がダウンしてしまうことがほとんどです。

それでも新しいことへの挑戦や自分自身の新たなる才能の開花、今の仕事とは違うやりがいを見つける為、
また今は一旦年収がダウンしてしまってもそこから頑張って這い上がっていけばいいと考えることができる人は条件などはあまり気にせず転職を試みるのではないでしょうか。

転職による年収ダウンを防ぐには?

転職による年収ダウンを防ぐには、大きく2つの方法があります。

1つは、そもそも経験や実績のある職種に転職し会社からの年収提案をつりあげることです。
即戦力として入社できるということを証明できれば、会社も教育を施さずに戦力として採用できるため非常に効率的です。
また、残業の少ない会社から多い会社、福利厚生が充実していない会社から充実している会社など、そのような面でも年収アップを図ることが可能です。

2つめは、内定後給料について交渉を行うことです。
大抵中途入社の場合は前職の経験によって給料ベースが決められますが、大枠は決められているものの多少は交渉によってあげることが可能です。
経験がなくても、自分自身のスキル(語学や資格など)があればつりあげることも出来ます。

ただし、交渉しすぎると心象を悪くされる場合もあるので十分注意が必要なので、「前提としては御社の規定に従いますが、可能であれば・・」というように伝える工夫が必要です。

未経験だと転職で年収ダウンは避けられない?

転職を行う際、同業界内で経験のある職種につくのか、まったく経験のない異業種の未経験職種につくのかを選ぶことが出来ます。

未経験の業界に入る場合、大概の場合は新卒入社と同様に教育を受けなければ1人前にならないため年収はダウンすることが多いです。
もしくは、営業から事務、営業から販売などになればそこまでスキルが必要でない職種も多く教育にお金はかかりませんが、年収のアベレージ自体が低い場合が多く結果として転職により年収ダウンを避けることはできません。

ただし、自身に特別なスキルがあればダウンをさけることも出来ます。
たとえば語学(英語、中国語、ハングルなど)が堪能でビジネスレベルで使用出来れば社内で重宝される人材として採用され、給料をあげることも可能ですし、現職中に資格を取得し転職を行っても給料をあげることが可能です。

また、営業や企画の職種で優秀な結果を残した経験があれば業界が異なっても給料が下がらないケースもあります。
自分自身のスキルをしっかりと分析して、転職を行うことがポイントです。

第二新卒で転職すると年収ダウンする?

第二新卒で転職する人は多く、新卒で入社した企業によって年収はアップするのか、ダウンするのか決まるといえます。
第二新卒で未経験の業種に転職すると、大概はダウンすることが多いです。

まだまだ若い年齢ではありますが、1から新卒と同じように教育する資金と手間が必要なため高い金額をもらえることはほぼありません。
しかし同業種内での転職であれば、年収がダウンすることはほぼありません。
企業の立ち位置にもよりますが、規模の大きい会社に入ればアップすることのほうが多いです。

例外として、未経験の職種でも年収をアップさせる為には語学が堪能であったり、国家資格を保有している場合はアップする場合もあります。
ビジネス上語学(英語、中国語)を使用出来たり、特別な資格を持っていれば即戦力として転職することも可能です。
退社し次の会社を探す際には自分にはどのようなスキルがあるのか、何をしたいのかなどトータルに判断してすすめていくことが必要です。

40代以上の転職は年収ダウンする可能性が高い?

年齢を重ねてからの転職は、年収ダウンの可能性が高くなるのが現実です。
特に前職場の勤続年数が長いほど、転職によって年収はダウンするでしょう。
日本はまだ年功序列の傾向が残っているため、転職をすると勤続年数がリセットされるのです。

しばらくは新人としての扱いになるので、給料もそれに応じたものとなります。
即戦力を求める会社は収入も高い傾向がありますが、賞与や退職金も含めて考えるとこの限りとは言えません。
収入にこだわる方は、職場を変えることで生涯収入がどのくらい変化するのかシミュレーションしてみる必要があります。

現在の収入だけでなく、将来のことも考えて仕事探しをしましょう。
今だけ年収がアップしても、10年後はプラスマイナスゼロになるようでは意味がありません。

転職をするタイミングは若いほどいいので、一般的には20代~30代が好ましい時期だと言えます。
40代になると今までのキャリアや経験、勤続年数の問題もありますから、より慎重に職選びをするべきでしょう。